pageheadIMG

包括的心臓リハビリテーション

当院は脳神経外科や地域包括ケア病棟を有しているため、リハビリスタッフが豊富に在籍しています。理学療法士11名、作業療法士9名、言語聴覚士3名(2022年10月現在)が診療にあたっています。そのうち理学療法士2名が心臓リハビリテーション指導士の資格を有しており、質の高い心臓リハビテーションを提供しています。
心臓リハビリテーションとは、リハビリスタッフによる「運動療法」を中心として、管理栄養士による「食事療法」や、医師や看護師、薬剤師など多職種による指導によって病気や薬、生活上の注意点を患者さんに知ってもらうなどの「知識の習得」を行うことです。心臓病の患者さんが快適な社会生活や家庭生活を送ることができ、心臓病の悪化を予防して、元気に長生きできることを目標とする総合プログラムです。

心臓リハビリテーションについて多数の業績や受賞歴を有する松本医師が2022年4月に当院に赴任しました。松本医師は前任地の北海道中央労災病院において心不全・心臓リハビリテーションセンターを2018年に立ち上げ、南空知地域での心臓リハビリテーションの普及に貢献してきました。江別市内で心大血管疾患リハビリテーションの施設基準を取得しているのは当院のみであり、入院・外来とも質の高いリハビリテーションを提供できるよう、スタッフ一同、日々研鑽に努めております。


集合写真

  • 診断群分類包括制度
  • ジェネリック医薬品
  • 医療相談室
PAGE
TOP