消化器内科

江別病院 消化器内科

食道・胃・小腸・大腸などの消化管、肝臓、胆嚢・胆管、膵臓の診療を行っています。
常勤医3名すべてが、消化器病専門医、消化器内視鏡専門医です。大森医師は主に消化管疾患、寺下医師は主に肝臓疾患、品田医師は主に胆膵疾患で専門性を発揮し、消化器疾患に幅広く対応しています。
「内視鏡センター」では、内視鏡機器を更新し、検査治療を行っています。内視鏡的止血術、内視鏡的大腸ステント留置術、内視鏡的胆道ドレナージ術など緊急を要する内視鏡治療が可能です。 北大消化器内科の消化管、胆膵の教官に指導をいただき、高度な内視鏡手術も安全に行っています。
2021年度は、胃・大腸の内視鏡的粘膜下層剥離術ESDを25例、内視鏡的逆行性膵胆管造影ERCP(治療含む)を183例施行しています。
また、2021年6月より、北海道医療大学学長で北海道大学第三内科前教授の浅香正博先生が毎週水曜日午前にピロリ菌外来を担当されています。
以上のように、専門的な医療をご提供し、安心して地域で治療をうけて頂けるよう、努力していく所存です。

  • 診断群分類包括制度
  • ジェネリック医薬品
  • 医療相談室
PAGE
TOP