麻酔科

 麻酔科医は手術を受けられる患者さんの安全を守ることを第一に考えています。そのため、術中は各種のモニターを駆使して循環や呼吸、意識状態等を管理しています。さらに、術後の痛みを和らげるための硬膜外麻酔や経静脈的な鎮痛薬投与、超音波エコー装置を用いた末梢神経ブロックなどの各種鎮痛法を組み合わせて麻酔を行っています。
 一方で、麻酔に対して不安を抱かれる方も多いと思われます。手術患者さんの不安や痛みを軽減できるよう、術前診察時にはできるだけ丁寧な説明を心掛けています。何か分からないことがあれば、お気軽にお問い合わせください。

  • 診断群分類包括制度
  • ジェネリック医薬品
  • 医療相談室
PAGE
TOP