pageheadIMG

臨床工学科

CE(ClinicalEngineer、臨床工学技士)は、医療機器の専門職であり、病院内に数多くある生命維持管理装置の操作や点検、管理などを行っています。当院では21名(男性11名:女性10名)の臨床工学技士が勤務しており【血液浄化】【内視鏡】【手術室】【心臓カテーテル】【ペースメーカ】【高気圧酸素】【医療機器管理】業務を医師、看護師、コメディカルスタッフ等と協力し、日々治療に専念しています。


 

血液浄化

【血液浄化】

主に人工透析室で透析患者さんの治療に従事します。
人工透析の準備から、治療開始~治療終了までチーム医療として患者さんの治療に関わります。
透析患者さんはVA(バスキュラーアクセス)が必要です。血管エコーを用いてVAの状態を検査したり、必要時にはシャントの拡張手術を行います。
また、人工透析は大量の透析液を使用するため、透析液の水質管理も非常に重要となってきます。臨工学技士は透析液の清浄化にも専念し、水質を保っています。

 

内視鏡

【内視鏡】

胃カメラや大腸カメラの各種検査の補助介助や、早期胃がんなどの内視鏡を使った治療に従事します。当院では様々な症例の検査や治療を行っており、臨床工学技士はカメラの管理やセッティングの他、検査や治療では医師と共に様々な処置を行います。使用後のカメラの洗浄管理も徹底して行い、緊急の検査や治療にもすぐに対応できる体制となっています。

 

手術室

【手術室】

全身麻酔を行うための麻酔器を手術前に点検やセッティングを行います。また手術で使う電気メスなど各種機器を点検したり、鏡視下手術で使用するカメラや気腹器の管理もしています。
当院には手術室専任の臨床工学技士も在籍しており、手術の器械出し(直接介助)も行っています。

 

心臓カテーテル

【心臓カテーテル】

医師、看護師、放射線技師、検査技師とのチームで心臓カテーテル検査やPCIなどのカテーテル治療に従事します。
当院では医師と共に清潔野での造影検査や心機能検査等を行います。緊急の心筋梗塞などに対し、24時間体制で速やかに治療開始できる体制となっております。

 

ペースメーカー

【ペースメーカ】

心臓が正常に機能しなくなった時には、ペースメーカを植え込まなければならない場合があります。
ペースメーカ患者さんには、定期的にペースメーカ外来に通っていただき、ペースメーカのチェックを行います。
ペースメーカ外来では医師と共に設定やリード線の状態、電池の残り寿命や異常が起きていないかなどを確認します。

 

高気圧酸素

【高気圧酸素】

様々な病態により低酸素状態となった患者さんが、密閉されたタンク内に入り2気圧以上の100%酸素で加圧することにより、体の隅々まで高濃度酸素を行き渡らせ、低酸素状態を改善させる治療です。治療にはおよそ1時間半かかりますが、治療中は臨床工学技士が付き添い、患者さんの状態を確認しています。

 

医療機器管理

【医療機器管理】

病院内には診断や治療に使用する医療機器が数多くあります。いつでも安全に使えるように、臨床工学技士は日常点検や定期点検を行っています。万が一機器のトラブルが発生した場合には、迅速に対応し検査や治療に支障のないよう努めています。また医療機器を扱うスタッフへの研修会も積極的に開催しています。

 

CE科スタッフ取得資格

  • 透析技術認定士…12名
  • 呼吸療法認定士…4名
  • 消化器内視鏡技師…3名
  • 臨床ME専門認定士…2名
  • 腎臓リハビリテーション指導士…1名
  • MDIC(医療機器情報コミュニケーター)…1名
  • BLSプロバイダー…1名
  • ACLSプロバイダー…1名
  • 初級呼吸ケア指導士…1名
  • 心電図検定3級…1名
  • 臨床実習指導者…1名
  • 診断群分類包括制度
  • ジェネリック医薬品
  • 医療相談室
PAGE
TOP