ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは?

医薬品の分類

厚生労働省が先発医薬品(新薬)と効き目、品質、安全性において同等と認めた医薬品です。

ジェネリック医薬品は先発医薬品と比べ、平均的にお薬代が安価です。その理由は、医薬品の開発にあたりコストを安く抑えることによって、お薬代にも反映されるためです。

ジェネリック医薬品の中には、効果や品質に対する疑問は一部根強く残っておりますが、新薬と同じように薬事法に基づき厳しい規制・基準を守って開発・製造されています。

そして、厚生労働省による審査で、新薬と同等の効き目・安全性・品質であることが確認・承認されて初めてジェネリック医薬品として発売されます。

現在、先発医薬品を服用中でジェネリック医薬品への変更を検討されている方や、医師による処方の際にジェネリック医薬品をご希望の方は、担当の医師へその旨をご相談ください。
お薬によってご希望に沿いかねる場合がございますが、当院は患者様の経済的負担の軽減を考えながら、より安全な医薬品を提供してまいります。

  • 診断群分類包括制度
  • ジェネリック医薬品
  • 医療相談室

PAGE
TOP