pageheadIMG

平成29年度 病院指標

表をスクロールしてご覧ください。

1 年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 44 75 55 115 182 550 773 857 203

当院は、地域の急性期病院として幅広い年齢層の患者さんにご利用していただいています。
特に、60~80歳の患者さんの割合が全体の約8割となっています。

2 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

診療科名:外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎 36 11.69 7.40 0.00% 65.75
060150xx03xxxx 虫垂炎 20 7.30 5.56 0.00% 45.25
080011xx99xxxx 慢性腎炎症候群、慢性間質性腎炎、慢性腎不全 15 16.67 11.73 0.00% 66.73
110280xx99000x 急性膿皮症 13 6.23 12.23 0.00% 75.15
060150xx99xx0x 虫垂炎 12 5.92 7.01 0.00% 27.42

主に多い症例は胆嚢結石症、胆嚢炎などの胆嚢疾患となります。
開腹手術だけでなく、腹腔鏡を使用した手術にも対応しています。
また虫垂炎の症例に対し、腹腔鏡を使用した手術にも対応しています。
今回上位5項目に含まれておりませんが、悪性腫瘍に対しての治療も行っています。
手術や抗癌剤治療も多く行っています。

診療科名:人工透析内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
110280xx03x0xx 慢性腎炎症候群、慢性間質性腎炎、慢性腎不全 17 3.47 5.83 0.00% 76.06
110280xx99000x 慢性腎炎症候群、慢性間質性腎炎、慢性腎不全 16 20.63 12.23 0.07% 75.94
040240xx99x0xx 肺循環疾患 10.81
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群、慢性間質性腎炎、慢性腎不全 8.50
050170xx99000x 閉塞性動脈疾患 7.98

人工透析内科では、主に腎不全患者さんの透析治療や、シャント作成、シャントのトラブルにも対応しています。

診療科名:脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
010060×2990201 脳梗塞 46 18.13 16.51 0.49% 75.65
010230xx99x00x てんかん 40 6.98 6.32 0.14% 55.95
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 36 10.94 7.34 0.18% 66.69
010060×2990401 脳梗塞 30 21.03 16.38 0.49% 68.80
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 28 13.89 9.68 0.21% 77.21

脳卒中やてんかん、頭蓋内損傷といった症例が多いですが、めまいなどの疾患にも対応しています。
頭蓋内損傷では硬膜下血腫穿孔洗浄術を行っています。
急性期の患者さんは手術治療のほか、薬物治療や、リハビリ治療を行います。
患者さんの状態に合わせて、自宅や施設入所、療養型病院などへ退院できるよう連携を図っています。

診療科名:整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
070071xx97xxxx 骨髄炎(上肢以外) 36.34
160820xx99xxxx 膝関節周辺骨折・脱臼 20.06
160980xx99x0xx 骨盤損傷 19.97

今年度は各項目に対して、10症例を超えることはありませんでした。
平成30年5月より常勤の整形外科医が着任し、今後は整形外科の症例に対しての入院加療や手術治療を対応していきます。

診療科名:消化器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
150020xxxxx0xx 細菌性腸炎 44 9.52 7.27 0.00% 54.45
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない
憩室性疾患
38 10.16 7.87 0.00% 64.84
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 36 10.14 9.06 0.00% 65.28
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 35 8.57 5.50 0.00% 56.43
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 30 28.97 20.83 0.07% 82.73

腸炎、憩室炎、虚血性腸炎などの消化器疾患を主に治療していますが、誤嚥性肺炎などの呼吸器疾患も治療しています。
今回上位5項目に含まれておりませんが、総胆管結石に対しての内視鏡治療も行っており、外科的手術が必要となった場合には、外科医と連携をとり迅速な治療をすることが可能です。
また今回症例集計の対象外となっていますが、大腸ポリープに対する内視鏡的切除術を1泊2日で行っています。

診療科名:循環器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 73 4.19 3.03 0.07% 70.12
050070xx99000x 頻脈性不整脈 30 14.23 7.71 0.04% 81.87
050210xx97000x 徐脈性不整脈 26 18.27 11.21 0.04% 83.00
050130xx99000x 心不全 22 21.77 17.71 0.11% 85.91
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 21 24.19 20.83 0.18% 86.33

心臓疾患の患者さんを主に治療しています。
狭心症などの疾患で心臓カテーテル検査を受けられる患者さんが最も多く、徐脈性不整脈に対してペースメーカ移植術や交換なども行っています。
心不全の患者さんには、薬物治療や心臓リハビリを行っています。
また誤嚥性肺炎などの呼吸器疾患も治療しています。

診療科名:呼吸器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 18 21.11 19.65 0.07% 80.28
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 14 18.93 11.99 0.00% 69.21
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 20.83
0400801499x002 肺炎等 15.12
040040xx97x4xx 肺の悪性腫瘍 24.98

呼吸器疾患の患者さんを主に治療しています。
肺癌に対する抗癌剤治療や精密検査、肺炎、誤嚥性肺炎の治療も行っています。

診療科名:肛門外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
060235xx97xxxx 痔瘻 6.23
060035xx99x00x 結腸の悪性腫瘍 7.21
060180xx99x4xx クローン病等 8.52
060245xx97xxxx 内痔核 5.71
060180xx97x4xx クローン病等 32.07

今年度は各項目に対して、10症例を超えることはありませんでした。
平成30年4月より常勤の肛門外科医師が不在となっていますが、外科医による対応を行っています。

3 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発 再発 病期分類
基準
版数
StageⅠ StageⅡ StageⅢ StageⅣ 不明
胃癌 15 12 10 1 7
大腸癌 17 19 27 32 1 7
乳癌 1 7
肺癌 31 1 7
肝癌 1 7

5大癌(胃癌・大腸癌・乳癌・肺癌・肝癌)について平成29年度中に退院した初発の延べ患者数、再発の延べ患者数を掲載しております。
患者数としては、大腸癌が最も多く、次いで胃癌、肺癌となっています。
肺がんの化学療法も多く行っています。
当院では、ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)を行い、早期の胃癌・大腸癌に対する治療も行っています。
内視鏡での治療となるため、開腹手術よりも患者さんの体への負担が少なくなります。
癌の深さなどにより、開腹手術が必要となる場合もあります。

4 成人市中肺炎の重症度別患者数等

患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症
中等症 53 17.94 71.43
重症 46 16.54 81.22
超重症 17 23.82 82.94

中等症の肺炎症例が最も多く、重症、超重症と上がっていくにつれて平均年齢も上がり、平均在院日数も伸びていく傾向です。
年齢が上がるにつれ重症化しやすく、年齢や症状に合わせた治療を行っています。
呼吸器内科以外にも、各科で肺炎の治療を行っています。

5 脳梗塞のICD10別患者数等

ICD10 傷病名 発症日
から
患者数 平均在院
日数
平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作および関連症候群 3日以内 14 10.20 75.86
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 192 24.56 76.36 3.19%
その他 25 17.92 73.64 0.21%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞および狭窄、
脳梗塞に至らなかったもの
3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞および狭窄、
脳梗塞に至らなかったもの
3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患、詳細不明 3日以内
その他

当院の脳梗塞患者さんの88%は発症から3日以内に治療が開始されています。
当院では急性期医療を専門としております。リハビリ治療が必要な患者さんには他院の回復期リハビリ病棟へ転院して治療しておりますが、その割合は、全退院患者の約3%となっています。

6 診療科別主要手術患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

診療科名:外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 50 5.96 7.88 0.00% 67.46
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 34 1.35 6.24 0.00% 70.53
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 30 6.47 18.50 0.04% 68.47
K610-3 内シャント設置術 13 4.62 28.46 0.00% 75.62
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 13 0.92 3.23 0.00% 76.08

胆嚢疾患に対して腹腔鏡下胆嚢摘出術を行っています。また、鼠径ヘルニア手術も多く行っています。
透析患者さんに対してシャント作成やシャントトラブルに対する血栓除去術、化学療法を行うための植込み型カテーテル設置術なども行っています。
内シャント設置術について、在院日数が多い理由として、術後に容態を見ながら継続的に透析治療を実施するケースがあるためです。
データの集計上、人工透析内科で行う手術が含まれています。

診療科名:人工透析内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 20 0.00 3.70 0.00% 76.25
K610-3 内シャント設置術
K0842 四肢切断術 上腕、前腕、手、大腿、下腿、足
K654 内視鏡的消化管止血術
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股

透析患者さんのシャントトラブルに対して血栓除去術、設置術などを行っています。
術後3.7日と短期間での入院で行っています。

診療科名:呼吸器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)
K508 気管支狭窄拡張術(気管支鏡によるもの)
K509-4 気管支瘻孔閉鎖術
K510 気管支腫瘍摘出術(気管支鏡又は気管支ファイバースコープによるもの)
K5131 胸腔鏡下肺切除術 肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの)

今年度は各手術に対して、10症例を超えることはありませんでした。
呼吸器内科は手術よりも化学療法治療が高い比率で行われています。

診療科名:循環器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 20 3.15 4.05 0.00% 73.60
K597-2 ペースメーカー交換術 12 2.67 15.17 0.00% 85.67
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 11 7.45 11.36 0.04% 83.00
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術 不安定狭心症に対するもの

狭心症、心筋梗塞の患者さんへの冠動脈ステント留置術が最も多い手術となります。
また、ペースメーカ移植、交換術も多く行っています。徐脈などで失神発作を生じる患者さんなどに適応されます。

診療科名:消化器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 217 0.76 1.56 0.04% 72.94
K654 内視鏡的消化管止血術 25 1.16 18.72 0.18% 73.64
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 21 2.38 21.62 0.18% 80.76
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 21 2.29 11.67 0.04% 71.38
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 18 0.89 3.94 0.00% 73.89

大腸ポリープに対する内視鏡での切除術が最も多く、主に1泊2日で治療を行っています。
胆管の狭窄や閉塞に対して胆道ステント治療を行ったり、消化管の出血に対して止血術を行ったりしています。
また、早期大腸癌に対するESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)も行っています。
今回上位5項目に含まれておりませんが、早期胃癌に対してのESDも行っています。

診療科名:整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
K0503 腐骨摘出術(足その他)

今年度は10症例を超えることはありませんでした。平成30年5月より常勤の医師が勤務しており、入院、手術に対応しています。

診療科名:脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 28 0.61 15.36 0.35% 79.29
K6092 動脈血栓内膜摘出術 内頸動脈
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓形成
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング 1箇所
K178-4 経皮的脳血栓回収術

慢性硬膜下血腫の患者さんに行う穿孔洗浄術が最も多くなっています。
脳動脈瘤に対するクリッピング術や脊椎に対しての手術も行っています。

診療科名:肛門科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
K7432 痔核手術(脱肛を含む)(硬化療法(四段階注射法))
K7462 痔瘻根治手術 複雑なもの
K7434 痔核手術(脱肛を含む)(根治手術)
K7461 痔瘻根治手術 単純なもの
K7521 肛門形成手術 肛門狭窄形成手術

今年度は10症例を超えることはありませんでした。平成30年4月より常勤の医師が不在となっています。

7 その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 請求率
130100 播種性血管内凝固 同一
異なる 10 0.35%
180010 敗血症 同一
異なる 16 0.56%
180035 その他の真菌症 同一
異なる
180040 手術・術後の合併症 同一 14 0.49%
異なる

同一とは、入院のきっかけとなる疾患と入院中に主に治療を行った疾患が同一であるか否かということです。
播種性血管内凝固(症候群)は、さまざまな重症の基礎疾患により、全身の細小血管内で血栓ができる病態です。
感染症や悪性腫瘍等に合併することが多い疾患です。
敗血症とは、体内で感染症を起こしている場所から血液中に病原体が入り込み、重篤な全身症状を引き起こす疾患です。
手術・処置の合併症の内訳は、主に術後や処置後の出血、感染で占めており、脳室頭蓋内シャントの機能不全や透析シャントの閉塞の症例などが該当しますが、いずれも適切な治療を行っています。

  • 診断群分類包括制度
  • ジェネリック医薬品
  • 医療相談室

PAGE
TOP