平成28年度 病院指標

表をスクロールしてご覧ください。

1 年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 28 65 43 124 236 582 802 768 218

当院は、地域の急性期病院として幅広い年齢層の患者さんにご利用していただいています。
特に、60~80歳の患者さんの割合が全体の約75%となっています。

2 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

診療科名:外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等 44 11.61 7.61 0.00% 63.61
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 17 6.41 4.41 0.00% 71.29
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 14 11.57 9.08 0.00% 66.50
060040xx02x1xx 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 13 34.69 34.48 0.00% 68.08
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 12 27.42 12.73 0.00% 78.00

悪性腫瘍や胆のう摘出術などの手術を多く行っています。
外科では、開腹手術だけでなく、腹腔鏡を使用した手術にも対応しています。
手術だけではなく、抗癌剤治療も多く行っています。

診療科名:人工透析内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 14 12.07 8.87 0.10% 72.07
110280xx03x0xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 6.6
160660xxxx0xxx 皮下軟部損傷・挫滅損傷、開放創 10.41
110280xx97x01x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 35.25
180040xx02x0xx 手術・処置等の合併症 3.44

人工透析内科では、主に腎不全患者さんの透析治療や、シャント作成、シャントのトラブルにも対応しています。

診療科名:脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
010230xx99x00x てんかん 51 9.73 7.12 0.07% 62.20
030410xxxxxxxx めまい(末梢前庭以外) 39 5.10 5.52 0.00% 69.92
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 39 20.92 16.54 0.42% 72.00
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 38 22.00 16.73 0.45% 74.61
010040xx099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 25 29.36 19.35 0.66% 76.60

脳卒中やてんかん、めまいといった症例が多いですが、外傷や脊椎などの疾患にも対応しています。
急性期に発症した患者さんは手術治療や薬剤を使用し、リハビリなどを行い治療しています。
患者さんの状態に合わせて、自宅や施設入所、療養型病院などへ退院できるよう連携を図っています。

診療科名:整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 20.57
160835xx99xx0x 下腿足関節周囲骨折 16.08
160850xx99xxxx 足関節・足部の骨折、脱臼 20.52
070343xx99x20x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 6.92
160820xx99xxxx 膝関節周囲骨折・脱臼 21.33

今年度は各項目に対して、10症例を超えることはありませんでした。
平成29年6月より常勤の整形外科医が不在となっています。

診療科名:消化器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 40 10.33 9.19 0.07% 69.85
150020xxxxx0xx 細菌性腸炎 32 9.66 7.24 0.03% 44.84
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 28 10.75 7.89 0.00% 66.39
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 26 17.42 11.06 0.00% 75.65
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 24 8.21 5.5 0.00% 69.17

消化器内科は消化器疾患を主に治療しています。
総胆管結石に対しての内視鏡治療も行っており、外科的手術が必要となった場合には、外科医と連携をとり、迅速な治療をすることが可能です。

診療科名:循環器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 75 3.53 3.06 0.10% 68.92
050070xx99000x 頻脈性不整脈 34 18.76 7.82 0.10% 80.47
050130xx99000x 心不全 30 22.40 17.95 0.10% 84.00
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 29 5.10 4.71 0.03% 66.37
050210xx97000x 徐脈性不整脈 21 14.28 11.38 0.00% 80.42

心臓疾患の患者さんを主に治療しています。
循環器科では、狭心症などの疾患で心臓カテーテル検査を受けられる患者さんが最も多く、不整脈や心不全に対する治療も行っています。

診療科名:呼吸器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 14 21.79 21.25 0.00% 80.29
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 3.68
0400801499x002 肺炎(市中肺炎かつ75歳以上) 15.29
0400801499x001 肺炎(市中肺炎かつ75歳以上) 13.6
040200xx99x00x 気胸 9.14

呼吸器疾患の患者さんを主に治療しています。
肺癌に対する抗癌剤治療や精密検査、肺炎、誤嚥性肺炎の治療も行っています。

診療科名:肛門科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
060245xx97xxxx 内痔核 5.85
060260xx97xxxx 肛門狭窄、肛門裂溝 7.33
060180xx99x0xx クローン病等 9.22
060100xx04xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 5.01
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 2.72

痔以外にも肛門狭窄や裂肛、肛門ポリープなどの治療を行っています。
今年度は各項目に対して、10症例を超えることはありませんでした。

3 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発 再発 病期分類
基準
版数
StageⅠ StageⅡ StageⅢ StageⅣ 不明
胃癌 29 11 10 1 6,7
大腸癌 17 26 47 24 25 1 7
乳癌 1 7
肺癌 19 1 7
肝癌 19 1 6,7

患者数としては、大腸癌が最も多く、次いで胃癌、肺癌となっています。
28年度からは呼吸器医師が常勤となり、肺がんの化学療法も昨年より多く行っています。
当院では、ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)を行い、早期の胃癌・大腸癌に対する治療も行っています。
内視鏡での治療となるため、開腹手術よりも患者さんの体への負担が少なくなります。
癌の深さなどにより、開腹手術が必要となる場合もあります。

4 成人市中肺炎の重症度別患者数等

患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症
中等症 63 17.89 73.62
重症 33 26.58 81.61
超重症 11 35.64 86.36

中等症の肺炎症例が最も多く、重症、超重症と上がっていくにつれて平均年齢も上がり、平均在院日数も伸びていく傾向です。
年齢が上がるにつれ重症化しやすく、年齢や症状に合わせた治療を行っています。
平成28年度から常勤の呼吸器医師による入院加療も行っております。

5 脳梗塞のICD10別患者数等

ICD10 傷病名 発症日
から
患者数 平均在院
日数
平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作および関連症候群 3日以内
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 167 26.66 76.14 2.37%
その他 25 26.40 72.80 0.42%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞および狭窄、
脳梗塞に至らなかったもの
3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞および狭窄、
脳梗塞に至らなかったもの
3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患、詳細不明 3日以内
その他

当院の脳梗塞患者さんの87%は発症から3日以内に治療が開始されています。
当院では急性期医療を専門としております。リハビリ治療が必要な患者さんには他院の回復期リハビリ病棟へ転院して治療しておりますが、その割合は、全退院患者の約2%となっています。

6 診療科別主要手術患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

診療科名:外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 56 5.89 7.86 0.00% 64.95
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 37 1.86 7.11 0.00% 68.46
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 16 6.19 10.88 0.00% 71.88
K7432 痔核手術(脱肛を含む。) 
硬化療法(四段階注射法によるもの)
16 1.13 1.00 0.00% 68.06
K7402 直腸切除・切断術(低位前方切除術) 15 13.73 34.93 0.03% 69.80

消化器外科に対する治療が多く、鼠径ヘルニア手術、腹腔鏡による胆のう摘出術が行われています。入院期間も7~10日で退院されています。

診療科名:人工透析内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 15 0.8 10.47 0.14% 72.53
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 14 5.07 11.07 0.00% 72.79
K607-2 血管縫合術(簡単)

透析患者さんのシャントを設置する手術が多く、次に血管が狭くなった部分を拡張するシャント拡張術を行っています。
今年度は3種類の手術を行っています。

診療科名:脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 26 0.88 12.50 0.14% 79.77
K6092 動脈血栓内膜摘出術 内頚動脈 10 16.80 15.70 0.03% 73.50
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓形成
K178-4 経皮的脳血栓回収術
K610-3 内シャント又は外シャント設置術

慢性硬膜下血腫の患者さんに行う穿孔洗浄術が最も多く、次に内頚動脈狭窄に対して血栓と内膜を剥離する手術を行っています。

診療科名:整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
K093 手根管開放手術
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3㎝以上6㎝未満)
K654 内視鏡的消化管止血術
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6㎝以上12㎝未満)
K0652 関節内異物(挿入物)除去術(足)

今年度は各項目に対して10症例を超えることはありませんでした。
平成29年6月より常勤の整形外科医が不在となっています。

診療科名:消化器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2㎝未満) 202 1.04 1.57 0.00% 69.63
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 26 1.27 16.50 0.07% 83.62
K654 内視鏡的消化管止血術 26 1.81 21.00 0.17% 76.31
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 16 5.44 12.69 0.03% 79.69
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術
早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術
15 1.53 9.13 0.00% 78.53

大腸ポリープに対する内視鏡での切除術が最も多く、主に1泊2日での治療を行っています。
また、早期胃癌に対するESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)も行っています。
胆管の狭窄や閉塞に対するステント治療も多く行っています。

診療科名:循環器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 24 3.88 4.83 0.00% 69.00
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 13 6.85 10.92 0.00% 77.23
K597-2 ペースメーカー交換術
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術
不安狭心症に対するもの
K610-3 内シャント又は外シャント設置術

大腸ポリープに対する内視鏡での切除術が最も多く、主に1泊2日での治療を行っています。
また、早期胃癌に対するESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)も行っています。
胆管の狭窄や閉塞に対するステント治療も多く行っています。

診療科名:呼吸器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)
K654 内視鏡的消化管止血術
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)
K610-3 内シャント又は外シャント設置術
K510 気管支腫瘍摘出術(気管支鏡又は気管支ファイバースコープによるもの)

今年度は各項目に対して、10症例を超えることはありませんでした。

診療科名:肛門科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
K7434 痔核手術(脱肛を含む。) 根治手術
K7521 肛門形成手術 肛門狭窄形成手術
K7391 直腸腫瘍摘出術(ポリープ摘出を含む。)経肛門
K7432 痔核手術(脱肛を含む。)
硬化療法(四段階注射法によるもの)
K7461 痔瘻根治手術 単純なもの

今年度は各項目に対して、10症例を超えることはありませんでした。

7 その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 請求率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌症 同一
異なる
180040 手術・術後の合併症 同一
異なる

同一とは、入院のきっかけとなる疾患と入院中の主な治療目的の疾患が同一か否かということです。
今年度は各項目に対して、10症例を超えることはありませんでした。

  • 診断群分類包括制度
  • ジェネリック医薬品
  • 医療相談室

PAGE
TOP