pageheadIMG

平成27年度 病院指標

表をスクロールしてご覧ください。

1 年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 37 47 42 111 205 639 766 802 190

当院は、幅広い年齢層の患者さんにご利用いただいております。
60歳~80歳の患者さんの割合が約75%となっております。

2 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

診療科名:外科 診療科コード:110

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎 25 11.16 7.84 0.00% 65.08
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 19 7.21 4.51 0.00% 73.95
060150xx99xx0x 虫垂炎 19 6.21 6.72 0.00% 36.84

外科は主に、癌患者さんの手術、胆嚢摘出術等、手術治療を必要としている患者さんに対応しております。
外科では、胆石疾患の方の腹腔鏡下胆嚢摘出術を行っています。また癌患者さんの抗がん剤治療も行っております。

診療科名:循環器内科 診療科コード:350

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 95 3.63 3.07 0.00% 70.72
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎 15歳以上 53 17.92 14.34 0.04% 77.53
050130xx99000x 心不全 42 17.74 18.3 0.04% 83.86

心臓疾患の患者さんを主に担当しております。
循環器内科では、狭心症、慢性の虚血性心疾患で心臓カテーテル検査を受けられる患者さんが最も多く、次に肺炎、心不全治療のための入院患者さんとなっております。

診療科名:消化器内科 診療科コード:500

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎 15歳以上 33 24.67 14.34 0.18% 75.85
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 31 21.52 10.93 0.00% 79.1
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍も含む) 30 2.8 2.93 0.00% 76.2

消化器内科は消化管、胆道系疾患等に対応する診療科ですが、肺炎等さまざまな疾患に対応しております。
2番目に多い総胆管結石、胆管炎の患者さんでは、内視鏡による胆石除去をおこなっており、また大腸カメラでの入院検査も行っております。

診療科名:人工透析内科 診療科コード:430

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
180040xx02x0xx 手術・処置等の合併症 40 2.23 3.4 0.00% 69.28
180040xx01x0xx 手術・処置等の合併症 20 9.85 13.14 0.00% 67.9
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 15 13.13 9.71 0.07% 74.33

人工透析内科では、腎不全に対する診療科です。
透析シャントの狭窄による拡張術を行う患者さんが一番多く、次にシャント作成を行う患者さん、腎不全治療を行う患者さんとなっております。

診療科名:脳神経外科 診療科コード:150

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
010060x099000x 脳梗塞 JCS10未満 105 20.58 15.8 1.13% 76.85
010060x099030x 脳梗塞 JCS10未満 34 21.32 18.08 0.35% 72.94
010230xx99x00x てんかん 33 7.15 7.03 0.07% 61.27

脳梗塞やてんかんなどの脳、脊髄、の疾患や怪我に対応している診療科です。
脳梗塞は高齢者に多く見られ、在院日数も全国平均より長くなっております。
急性期に発症した患者さんは薬剤を使用し、症状が進行しないよう治療しております。

3 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発 再発 病期分類
基準
版数
StageⅠ StageⅡ StageⅢ StageⅣ 不明
胃癌 38 13 19 11 1 7
大腸癌 12 23 52 14 48 2 7
乳癌 1 6.7
肺癌 1 7
肝癌 40 2 6.7

患者数としては、大腸癌が最も多く、次いで胃癌、肝癌となっております。
乳癌や肺癌が少ない理由は専門医が少ないことが理由の1つと思われます。
胃癌ではStageⅠの早期がんが胃癌全体の43%になります。
当院では、ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)を行っております。
大腸癌ではStageⅢの患者さんが多く、StageⅠ~Ⅱの患者さんは少なくなっております。
肝癌では再発の患者さんが肝癌全体の83%となっております。

4 成人市中肺炎の重症度別患者数等

患者数 平均在院日数 平均年齢
重症度0
重症度1 23 12.61 75.57
重症度2 20 19.3 81.4
重症度3
重症度4
重症度5

重症度別の患者数では、重症度1~2までの中等度の患者さんとなっております。
重症度が上がるほど、患者さんの平均年齢が上がり、平均在院日数が長くなる傾向があります。
平成27年度は呼吸器の常勤医師が不在でしたが、平成28年度から常勤となりましたので、呼吸器疾患の入院対応が可能となりました。
<定義>
市中肺炎…病院外で日常生活をしていた人に発症した肺炎のことです。院内での発症は含みません。
重症度…身体所見、年齢による肺炎の重症度分類(A-DROPシステム)により、年齢性別や血液中の酸素濃度、脱水症状の有無、意識障害の有無等で0~5または不明に分類しています。数字が大きいほど重症となっております。
集計対象…当院を平成27年4月1日~平成28年3月31日までに退院した患者さんのうち、肺炎をきっかけに入院し、その治療に最も医療資源を投入した患者さんです。ただし、ウイルス性肺炎、誤嚥性肺炎は除きます。

5 脳梗塞のICD10別患者数等

ICD10 傷病名 発症日
から
患者数 平均在院
日数
平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作および関連症候群 3日以内 25 7.8 74.96 0%
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 153 35.28 77.19 2.1%
その他 28 16.71 76.64 0.2%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞および狭窄、
脳梗塞に至らなかったもの
3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞および狭窄、
脳梗塞に至らなかったもの
3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患、詳細不明 3日以内
その他

当院の脳梗塞患者さんの85%は発症3日以内に治療が開始されております。
当院では急性期医療を専門としております。リハビリ治療が必要な患者さんには他院の回復期リハビリ病棟へ転院して治療しておりますが、全退院患者の2.1%という割合で、他は自宅や施設へと退院されます。

6 診療科別主要手術患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

診療科名:外科 診療科コード:110

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 28 1.36 7.36 0.00% 74.43
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 27 3.81 7.11 0.00% 64.07
K6552 胃切除術 悪性腫瘍手術 19 13.68 38.79 0.00% 74.74

消化器外科に対する治療が多く、鼠径ヘルニア手術、腹腔鏡による胆のう摘出術が行われております。入院期間も7~10日で退院されております。また胃の悪性腫瘍に対する手術も行っております。

診療科名:循環器内科 診療科コード:350

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 24 3.13 5.17 0.00% 71.46
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 19 3.89 13.32 0.04% 77.89
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの

狭心症、心筋梗塞の患者さんの経皮的冠動脈ステント留置術が多く、急性期の心疾患への対応を行っております。
ペースメーカ移植術も2番目に多くなっております。徐脈などで失神発作を生じる患者さんなどに適応されます。

診療科名:消化器内科 診療科コード:500

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 222 0.43 1.41 0.04% 69.23
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 28 0.89 9.96 0.04% 76.93
K654 内視鏡的消化管止血術 26 0.42 13.31 0.11% 68.88

大腸ポリープに対する内視鏡での切除術が最も多く、約1泊2日での治療を行っております。
小腸内視鏡止血術、内視鏡的消化管止血術は消化性潰瘍からの出血を止める手術となっております。
どれも内視鏡を使用し行っております。

診療科名:人工透析内科 診療科コード:430

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 41 0.12 1.49 0.00% 69.61
K610-3 内シャント設置術 36 1.83 8.89 0.11 70.33
K654 内視鏡的消化管止血術

透析患者さんのシャント狭窄に対する拡張術が多く、次にシャントを設置する手術を多く手掛けております。

診療科名:脳神経外科 診療科コード:150

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 37 1.59 16.68 0.39% 82.05
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング 1箇所 17 2.88 31.24 0.11% 64.06
K1426 内脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓形成

慢性硬膜下血腫の患者さんに行う穿孔洗浄術が最も多く、次に未破裂脳動脈瘤、くも膜下出血の患者さんに行うクリッピング術を行っております。

7 その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 請求率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌症 同一
異なる
180040 手術・術後の合併症 同一 84 2.95%
異なる

同一性とは、入院のきっかけとなる疾患と入院中の主な治療目的の疾患が同一か否かということです。
播種性血管内凝固症候群(DIC)は、さまざまな重症の基礎疾患により、全身細小血管内で血栓ができる病態です。
感染症や悪性腫瘍等に合併することが多い疾患です。
敗血症とは、体の部分で感染症を起こしている場所から血液中に病原体が入り込み、重篤な全身症状を引き起こす病気です。
手術・処置の合併症の内訳は、ほとんどが透析治療を行っている患者さんの透析シャントが狭窄を起こし、拡張術を行うため入院された患者さんです。

  • 診断群分類包括制度
  • ジェネリック医薬品
  • 医療相談室

PAGE
TOP